2014年04月08日

大阪の渡船場「千歳渡船場」

064.JPG
大阪市内には現在八つの渡船場があり、スケッチで残したいと思い渡船場巡りをしている。昨日も天気が良く
3か所回ってきた。交通の不便なところにあり最寄りの駅からひたすら歩いて歩いて、携帯ナビを使って目的地にたどりついている。この日は地下鉄岸里駅から歩いて、[千本松渡船場」「船町渡船場」「千歳渡船場」
巡った。万歩計で14000歩歩いた。ほとんどベイエリアに集中しており、3〜40分歩くと次の渡船場にたどりつくことができる。自転車の乗客が多い。いろいろな工場群が集積しており、かなり大きな船も行き来しており絵になる風景が多い。乗船料はすべて無料、二人の乗務員で運行。財政難でも住民の足代わり、橋下市政も有料にはできないのだろう。もともと大阪は市民が交通の面では優遇されていると思う。尾道のフェリーは確か有料であった。渡船場の上には巨大な自動車架橋がある。ベイエリアには架橋が実に多い、河川も多くこれだけの橋が必要なのだろう。補修費の維持には莫大なコスト予算が必要だろう、スケッチどころでなくなってきた。後一日で渡船場のスケッチも終わる。スケッチには夕景が美しいかもしれない。
posted by sinport at 14:43| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅スケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/394122274

この記事へのトラックバック