2014年03月31日

デッサン教室(2014.3.23)

人間は二つの目があるが対象物を見ているようで案外見ていない。印象で判断している。今まで生きてきた年齢の知識で物を見ている。素人にデッサンさせると顔を以上に大きく描き、顔の表情の描写に懸命になる。
足、手が異常に小さい、よく観察して対象物を見ていない証拠である。精密に対象物を見ていたら疲れるから
省略してしまうのだろう。一番描写で難しいのは手と足である。手は毎日見ているし一番使っているのにじっくり手の構造を見ることはない。手足は不思議な形をしていることに気づかない。187.JPG
posted by sinport at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | デッサン絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人物デッサン教室(2014.3.23)

年齢と共にデッサン力は落ちてくる。五感が鈍ることによるが月一回程度デッサンでなんとか二枚目あたりから描写力は戻るようだ。過去の体験の過少にもよると思うが線描の狂いを瞬時に判別できるためには体が覚える以外に方法はない。昔の絵描きは嫌というほどデッサン力を磨いたし、特に日本画家はまず描写力がないと
第一線に出ることは不可能であった。最近デッサンを重視しない傾向があるが、感性だけでは直ぐ壁にぶち当たる。デフォルメはデッサン力があって初めて可能である。真実のアートは職人の技術がないと深みには達しえない。真実の美しさを平面に一本の線でいかに描くか、これがデッサンの魅力である。壁にぶち当たったら
デッサンに戻れと言われるが核心をついていると思う。DSC05522.JPG
posted by sinport at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | デッサン絵画教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

2013年度光陽会出品作品

DSC04450.JPG
2013年度光陽会出品作品
「浸蝕」S100
posted by sinport at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 光陽会展出品作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする