2013年07月16日

「ナザレの老人」

DSC05060.JPG
「ナザレの老人」Nzare
シテイオ地区の崖の上でひとりの老人に出会った。
もと漁師なのか痩せて険しい顔の表情、潮風が顔に刻みこまれている。
浜辺で出会う老人たちはなべて寡黙である。
いずこも同じ、女性のおばちゃんたちはいたっておしゃべり。
ナザレの市場は女性が多い、女性の声でいつも賑わっている。
海の男たちは陸の上では働かないのか。
posted by sinport at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ぽるとがるスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「アレンテージョ地方」

DSC05061.JPG
「アレンテージョ地方」Alentejo
アレンテージョは高い山がない。小高い丘を見つけると、そこには城がある。その周囲に街並みが
広がっている。そのさらに周囲には延々と広大な台地が広がる。そこには葡萄畑、オリーブ、コルク樫樹林がひろがる。豚の放牧を目にしたこともある。
posted by sinport at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ぽるとがるスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「トマールの街の窓」

DSC05063.JPG
「トマールの街の窓」TOMAR
街の裏山に12世紀に築造された城がある。城壁のみを残す。奥にはマヌエル様式の傑作、キリスト
修道院がある。街並みのメイン通りは実に美しい。特に古い建物の窓には何処に行っても魅了される。
ポルトガルの窓の装飾は、壁面のアズレージョがさらにその美しさを引き立てる。
posted by sinport at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ぽるとがるスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ナザレの洗濯もの」

DSC05062.JPG
「ナザレの洗濯もの」NAZARE
ナザレの海側にはビッシりと住居がひしめきあっている。
ホテル、市場、住居、レストラン、土産物屋等が路地に並んでいる。
道路には出店もある。
一歩路地裏に入っていくと洗濯ものが海風にはためく。
posted by sinport at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ぽるとがるスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

「オビドスの家並」

DSC05064.JPG
「オビドスの家並」Obidos
オビドスの街並みは城壁の上を一周すると全体の街を眺望することができる。
赤い屋根、煙突が大小目立つ。この煙突から煙が出ているのを見たことがない。
今はプロパンでも使っているのであろう。
posted by sinport at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ぽるとがるスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「リスボンの子供たち」

DSC05065.JPG
「リスボンの子供たち」Lisboa
リスボンの市街地をよく歩いた。日本の街に比べたら、人も少ないし人混みもあまり見当たらぬ。
広場が大きくあちこちに小さな広場もあるせいかもしれない。市街地の真ん中で子供たちが何やらしゃべっている。犬を連れた上品な老婦人が通りすぎる。犬がゆるい便を石畳の上に放出した。
梅田のど真ん中でこんな風景を日本では先ず目にすることはない。

posted by sinport at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ぽるとがるスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする